エステで行う光脱毛は永久脱毛ですか?

「永久脱毛」という定義は、まだ完全に確立していませんが、脱毛施術をすることで、一生ムダ毛が生えてこないことを言います。
何年間生えてこなければ、永久とかいうことではなくて、一生生えてこないというのが基本的な定義なんです。
エステサロンなどで行われている、現在の脱毛の主流は「光脱毛」と呼ばれているものですが、光の波長違いから、エステによって脱毛方法の名称が違いますがすべて光の脱毛です。つまり、医療機関でいうレーザー光線なのです。
この光脱毛の原理は、光の中で黒色に吸収されやすい波長の光を人工的に作り出して、ムダ毛のメラニン色素をターゲットとして照射してムダ毛を焼いてしまうというものです。これは、虫メガネを太陽の光にかざして光を集めると、黒色のものが燃え始めるという、あの現象と同じです。このムダ毛が燃えるときの熱で、ムダ毛の根元の毛根部分にダメージを与えてムダ毛を生えないようにします。これが光脱毛の脱毛理論です。レーザー脱毛、フラッシュ脱毛などと呼ばれている脱毛はすべて同じ脱毛原理です。
しかし、厚生労働省の見解によれば「根元の毛根部分にダメージを与える行為」自体が医師法違反といっているわけですから、エステやサロンでの脱毛行為は、完全に医師法違反ということになってしまいます。現実はどうかというと、まず、ムダ毛が黒くなければなりません。黒ければ黒いほどメラニン色素が豊富ですから脱毛効果はあがります。黒くないムダ毛ほど効果はありません。